ドラムシェッド名古屋
Multiple-Drum Session

About Shed

ドラムシェッドとは

"Drum Shed" (ドラムシェッド) という単語、聞いたことありますか? 近年、海の向こうで盛り上がってきている

  • ドラムが主役!(複数台のDrセットを用意)
  • 大勢のドラマーが入れ替わり立ち替わり、ソロ回し
  • ホスト役はベース&キーボード

という形式の、セッションムーブメントの呼称です。(まずはこちらの動画をご覧ください!)

ザックリ予備知識

  • 2000年代に入ってから? アメリカ発祥の模様
  • GospelChops というプレイスタイルが中心
  • その第一人者は Chris Coleman
    *Prince や Stevie Wonder のツアードラマー
  • アメリカでは各地で行われている模様
  • かのバークリー音楽院では盛んにやっている模様
  • イギリス等にも飛び火
  • おそらくはこれから、世界各地で(日本でも!)

という感じです。

▲2006年の動画。源流感たっぷり!
▲「berklee chops shed」で検索すると色々動画が
▲こちらはロンドンで。2015年とありますね

演ってみるにあたり

Drum Shed についてはまだよくわからない点も多く、日本語圏には情報が少ないということもあって「現在進行形のまとめページ」的なものがあるといいなと思ったことと、

そしてもうひとつは、マルチドラムでのセッションに興味を持たれるドラマーさんたちの交流に貢献するべく ・・・ 当ページを立ち上げた次第です。

New Event!

DrumShed名古屋

2016年春現在、既に東京ではDrumShedの名を冠したイベントが数回開催されています。(2月、ボクも参加してきました! [ その時の記事はこちら]
中部・名古屋でも ・・・ やります!
2016/8/6(土)を皮切りに「DrumShed名古屋」を定期開催予定です。

  • 目立ちまくってOK!
  • テクニックをひけらかしてOK!
  • リズムキープにこだわらなくてOK!
    (ホスト:Ba、Key が合わせてくれます)

ドラムが主役!!

このイベントのミッションは、ドラマーに「オレが/アタシが主役だ!!」って感じてもらう事です。
どうしてもドラムって、バンドの中でも・セッションでも、脇役・裏方になりがち(されがち)だと感じているのですが ・・・ 皆さま、いかがでしょうか?(笑)

歌の邪魔にならないように気を配ったり ・・・ リズムが安定するよう黙々とキープしたり ・・・ ちょっと個性的なフレーズ入れるとやりにくいって言われたり(笑)、スティック回すと目立つなって言われたり(笑)。そんな日頃のうっぷんを晴らし、開放感、ヒーロー感を味わってもらえたらなあと思っています!

気軽に・スタイルに拘らず

当ページでご紹介している海外の映像では、Gospel Chops スタイルでのドラミングが特徴的です。しかしながら、日本国内ではこういった演奏スタイルの方は少ないかと思いますので ・・・ DrumShed名古屋では、まずはスタイルにこだわらず、気軽に参加できるドラムソロでのセッションを指向します。

イベントを通じて、ドラマー同士の交流・相乗効果・切磋琢磨を促進し、皆さまがそれぞれ有意義なものを持ち帰っていただければ嬉しいな ・・・ というスタンスです。皆で盛り上がりましょう! 参加お待ちしております!(エントリーは勿論、まずは見学からでも大歓迎です!)

Get it on!

問い合わせ・お申込みはこちらから。お気軽にどうぞ!

必須お名前

必須メールアドレス

任意電話番号

必須区分 (※いずれかの 〇 を選択ください)
問い合わせエントリー見学希望

必須コメント

í
up
Éお問い合わせ