アーカイブ

TopBlogĠ アーカイブ

ライブ、レコーディング、MV、サイト作成、誕生日パーティ、今年もいろんな事がありました。どれも自分ひとりでは出来ないことばかり。。。
1+1が10にも20にもなる場面が多々あり、ご協力くださいました皆さまに感謝が尽きません。ありがとうございました!
これからもどうぞヨロシクお願いします<(_ _)>

最近いろんな人と関わる中でやりたい事や役割が見えてきた気がします。
自分の事って案外わかってなかったなぁ~未熟者でした笑
できる事とできない事、やりたい事とやりたくない事が明確になってくると気持ちが楽になりますね。「あっ、これは他の人に任せた方がいいや!」って。
何でも背負ってしまい心病む時期もあったので、背負いすぎず一歩一歩自分のペースで進んでる今が楽しいです♪

そして今年は30代に突入し、周りに若い人も増えてきました。
先輩方に引き上げていただいたように、そろそろボクが引っ張る番ですね!!
みんなが自分の道を見つけられるお手伝いが出来たらいいなぁ。。。
なんておせっかいするにも、まずは自分をもっと磨かないと!笑
気を引き締め直してがんばりますよ!!!

それでは皆さま良いお年をお迎えください(^^)


151213BP1

昨日は南蛮家さんで誕生日パーティでした
20代最後の夜をみなさんと楽しく過ごせてとても幸せです
ありがとうございました♪

みなさんからエネルギーをいっぱい頂いた分、音楽でお返しできるようもっともっと精進します!!
まだまだ成長していきますよ〜笑

これからもヨロシクお願いします<(_ _)>

続きを読む »


ドラムがある程度叩けてきて、もっとステップアップしたいけど何を練習していいかわからない人に向けたお話です(^^)

サッカーでドリブルやパスを練習するように、どんな分野でも技術向上のためにはキソ練習が大事ですよね!
じゃあドラムのキソってなに?ってところで、個人的見解ですがこの2つをおさえておくと良いと思います!

 

・ルーディメンツ … 手先指先のコントロール力を上げるために

・4wayコーディネーション … 両手両足をばらばらに演奏するために

 

この2つについて詳しく説明すると長くなるのでGoogleさんにお任せするとして。。。笑

ルーディメンツの練習でいつも「All-American Drummer」という本を使っています。
ダブルストロークやパラディドルなどを駆使したフレーズがたくさん載っていて、楽しく飽きずに練習しています♪

 

 

どんなフレーズなのか参考に



 

動画のようなフレーズが150個も記載されています。
ボリュームたっぷりですね!笑
もう10年以上は愛用しております(^^)

まずはゆっくり(BPM = ~60)一個一個の動きを丁寧に、慣れてきたら少しずつ(5ずつとか)上げていくと効果的です(目標BPM = 90~120)
最近は自分の動きを見直すために BPM = 30 とかで練習してるのですが、遅いのも逆に難しいんですよね。。。泣

 

練習方法に悩んだら一度試してみてはいかがでしょうか♪(^^)

4wayコーディネーションの練習についてはまたそのうちに。。。


今回は3点のセッティングについてボクが気をつけているポイントをお話しします(^^)

「3点を制するものはドラムを制す」
って誰かが言ってたような言ってないような。。。笑
そのくらい重要ですのでまだ自分のセッティングが見つかってない方はぜひ参考にしてみてください!

ビートの多くはバスドラム・スネアドラム・ハイハットで作りますし、足元(ペダルの位置)が体に合ってないと手にも影響して動かしにくくなります。
特に左右スティッキングの粒がそろいにくいなぁ~って悩んでる方はセッティングを見直す事でコントロールしやすくなるかも♪(^^)

 

ポイントは3つ

続きを読む »


santaboushi

いよいよ来週12/13(日) Birthday Party !
遊びに来てくださるみなさまヨロシクお願いします<(_ _)>

ボクは準備、練習は大体完了してあとは当日を元気に迎えるのみ!
最近かぜとかインフルエンザが流行ってるのでこわいんですよね〜。。。汗汗
手洗い、うがい、マスクは欠かせません!
みなさまもどうか元気いっぱいで遊びに来てください♪(^^)

そうそう、当日仮装OKですよ!
そちらの準備はよろしいでしょうか?
ちなみに今池のドンキに赤くてかわいい服いっぱいありました笑

それではまた来週楽しみにしております(^o^)/


isu

ドラムを始めたばかりの頃って何をどうしたら良いかわからず、スタジオなどでも前の人のセッティングのまま演奏するなんて事ありますよね~。ボクが昔そうでした笑

しかしセッティングが自分の体にあってないと筋肉や関節に負担はかかるし動きが制限されてしまいます。
体格やプレイスタイルで変わるため正解はないのですが、ボクが気をつけてるポイントをお話ししますので、自分に合うセッティングを見つけるヒントにしていただければ幸いです(^^)

 

今回はイスの高さ位置について、ポイントは2つ

続きを読む »


í
up
Éお問い合わせ